【格安】Huawei Matebook本体を買うとキーボードが無料(ただし少し面倒)

シェアする

HUAWEI MateBook

すでに日本でも発売されているHuaweiの2-in-1デバイスMatebookシリーズ。
Microsoft Surfaceには用意されなかったCore m5/m7モデルもラインアップされていて好評のようです。

そのHuawei Matebookの本体を買うと純正キーボードカバーがタダでもらえる数量限定のキャンペーンが行われています。アメリカで。

個人輸入しても日本の最安値より安くなりそうなので、英語キーボード派の方は狙ってみると良いかもしれません。


スポンサーリンク

Huawei Matebookの本体を買うとキーボードカバーが無料になるキャンペーン

キャンペーンを行っているのはアメリカのMicrosoft Storeです。

Huawei Matebook campaign

「Matebookを買うとMatebook Portfolio Keyboard(129ドル相当)がもらえる。ただし在庫のある限り。」と書いてあります。

リンク:Huawei Matebook Signature Edition 2 in 1 PC(Microsoft Store)

対象となるモデルと価格は次のとおりです。

モデル 価格
Core m3 / 4GB / 128GB / グレー 699ドル
Core m5 / 4GB / 128GB / グレー 849ドル
Core m5 / 8GB / 256GB / ゴールド 999ドル
Core m5 / 8GB / 512GB / ゴールド 1,199ドル

Surfaceシリーズだと、アメリカ版と日本版でOfficeの有無が違う(日本版はOffice付属)ので、単純比較ができないのですが、Matebookの場合はアメリカも日本もOfficeは別売りなのでシンプルです。

以下では個人輸入した場合の総費用を計算してみます。


個人輸入の総費用の概算

アメリカのMicrosoft Storeは日本向けの発送を行いませんので、アメリカにある転送サービス業者を使って手に入れます。

手順はこちらの記事に詳しく書いてあります。

日本国内で誰よりも早くSurface 3を手に入れる方法
MicrosoftのSurface 3が発表されました。 従来のSurface、Surface 2(Proじゃない!)よりも薄く、軽くなって、しかもAtomプロセッサを搭載してWindows 8.1(RTじゃない!)が使えるSurface 3は、タブレットとしてもラップトップとしてもまともに使える便利なデバイスになる可能性を秘めていますが、日本での発売はアナウンスされていません。 この記事では、日本での発売時期が発表されていないMicrosoft Surface 3をアメリカからの個人輸入で手に入れる方法を紹介します。

転送サービスを利用して個人輸入する場合、商品代金のほかに、転送サービス料、転送業者から日本への送料、日本の消費税が掛かります。

上のリンク先で紹介したスピアネットの転送サービス料は9ドル。送料は仮に重量2キロとして28ドルです。

消費税は商品代金の60%に対して8%掛かります。

この数値をもとに各モデルを個人輸入する場合の総額を求めると次のようになります。

モデル 総額の概算
(1ドル102円で計算)
国内価格の目安
Core m3 / 4GB / 128GB / グレー 約7万8,500円 約8万9,000円
Core m5 / 4GB / 128GB / グレー 約9万4,500円 約10万7,000円
Core m5 / 8GB / 256GB / ゴールド 約11万600円 約11万9,000円
Core m5 / 8GB / 512GB / ゴールド 約13万1,900円

国内価格は執筆時点の価格コムの最安値(本体+キーボードカバー)を参考にしています。

手間と時間が掛かることと、キーボードが英語配列になることに納得できれば、価格面では有利なことがわかります。
キーボードはむしろ英語配列が欲しいという人もいるでしょう。

キャンペーンは数量限定ですので、興味のある方はお早めに。

リンク:【ファーウェイ公式】HUAWEI MateBook (グレー)タブレットPC 【送料無料】