【GPD Pocket】スーツの内ポケットに入らなくもない7インチPCが399ドル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 276
GPD Pocket

IndiegogoでGPD Pocketという7インチのウルトラモバイルPCの出資が募られているようです。

スーツの内ポケットにも入るほどの超小型PCは買いでしょうか?


スポンサーリンク

GPD Pocketの概要

Indiegogoで399ドルから出資募集中のGPD Pocketの仕様は次のとおりです。

項目 内容
OS Windows 10 Home or Ubuntu 16.04 LTS
CPU Intel Atom x7-Z8750
RAM 8GB DDR3
ストレージ 128GB eMMC
ディスプレイ 7インチ 1920 x 1200ピクセル
カメラ (たぶん)なし
インターフェース USB Type-C x 1、USB Type-A x 1、micro HDMI x 1、3.5mmヘッドセット x 1
バッテリー 7,000mAh、実動作約12時間
サイズ・重量 180 x 106 x 18.5mm、480g

CPUはMicrosoft Surface 3に採用されていたAtom x7-Z8700をリニューアルしたx7-Z8750で、性能はほぼ同等と見られます。

メモリー容量は8GBで比較的多め、ストレージはeMMCではありますが128GBあるのでモバイル用途には十分な容量でしょう。

ディスプレイはこのサイズで1920 x 1200の解像度は立派ですし、縦横比16:10となっているのも好印象です。

インターフェースはUSB Type-AとHDMIが確保されているので、USB Type-C用の周辺機器を買い揃えなくても使い始められます。また、不安な場合はUSB Type-C接続のハブがセットになったパッケージも用意されているので安心です。こちらは、なんと、たったの10ドルアップです。

サイズはよくある7インチタブレットの厚みを2倍にしたくらいで、たしかにスーツの内ポケットに入らなくはないでしょうが、このサイズがジャケットの裏から出てきたらギョッとされるだろうと思います。
重さもペットボトル1本分に近いので、スーツの型くずれが心配。

カメラについては仕様で全く触れられていないので正確にはわかりませんが、サイト上の写真などから非搭載だと思われます。

というわけで、さすがにポケッタブルとは言い難いと思いますが、フルサイズのWindowsが動作するPCとしては抜群のポータビリティなのは間違いないでしょう。


パフォーマンスもそこそこ期待できる

上にも書きましたが、GPD PocketのプロセッサーであるAtom x7-Z8750はSurface 3のそれと同等の性能を持ったものです。また、RAM容量もSurface 3の2倍の8GBとなっています。ストレージはSurface 3もeMMCでした。

これらの仕様から、本機はSurface 3と同等かそれ以上のパフォーマンスを発揮することが期待できるので、出先で行う程度の作業なら無理なくこなせるでしょう。


筐体の縁ぎりぎりまで攻めたキーボード

上の動画の序盤に出て来る製品のイメージでは、キーボードは筐体の左右の縁ぎりぎりまで配置されていて、右上のPowerキーとその直下のUSBポートの間は皮一枚という感じです。

動画の後半ではもうちょっと現実的な配置や厚みになっているので、実際の製品はこちらに近いのかなと思いますが、それにしてもかなり攻めたキーボードです。

これくらいギューギューに詰まっていると、打ちやすさはともかく、見た目はけっこうカッコよくなるんじゃないかと思います。


アクティブクーリングらしい

サイトの仕様表によると、本機の冷却方式はアクティブクーリング、つまり、ファンで冷却するということです。
ボディはマグネシウム合金ですが、そこからの自然放熱だけでは足りず、ファンを使って吸排気するということだと思います。

動画後半に出て来る製品のイメージでは、本体右手前の側面に通風口らしきスリットが見えます。
サイトの図面でも本体右手前部分にヒートパイプとファンが描かれています。

キーを打つ手が温かい程度の発熱はあるかもしれません。


399ドルなら買っても良いかも

GPD Pocketを手に入れるための出資額は送料込みで399米ドル。Windows版もUbuntu版も同じです。

さらに、10ドル追加することで、USB Type-Cポートに接続できるハブ(USB Type-Aやカードリーダーが付いている)とセットになったコースを選ぶこともできます。

携帯性を何よりも重視するなら、この内容で399ドルは決してお高くないと思います。

動画前半の製品イメージを期待せず、動画後半のモックアップに近いデザインのものが届くと覚悟できるなら、GPD Pocketはアリじゃないでしょうか。

なお、製品化後の標準価格は599ドルだそうです。

リンク:GPD Pocket: 7.0′ UMPC-Laptop ‘Ubuntu or WIN 10 OS’(Indiegogo)