【待望】Happy Hacking KeyboardにBluetooth対応モデルが登場!

シェアする

Happy Hacking Keyboard Professional BT

ずっと待ち望んでいた方も多いんじゃないでしょうか。

高級キーボードの代名詞「Happy Hacking Keyboard」シリーズに、ついにBluetooth接続に対応したモデルが登場します。その名も「Happy Hacking Keyboard Professional BT」。

AmazonのPFUダイレクトショップで予約受付中です。


スポンサーリンク

静電容量式スイッチを使った魔法のタッチ

Happy Hacking Keyboardは、必要最小限のキーだけを備え、静電容量式スイッチを採用した最高のキータッチを持つキーボードで、1996年に初代モデルが発売されて以来、プログラマーやライターなど大量の文字をタイプするプロたちの間で長く使われつづけてきた、高級キーボードの代名詞的な存在です。

最小限のキーしかないのでフルサイズのキーピッチをキープしながらデスクの上で場所を取らず、キーのオン・オフを認識する仕組みに電気接点を使わないことでどんなに速くタイプしても正確にキー入力がされ、しかもその打ち心地はスコスコととても気持ちの良いもので、インターフェースに煩わされず書くことに集中できます。

よくあるPC用キーボードとの最も大きな違いはテンキーがないことと英語配列のものにはカーソルキーがないことですが、テンキーはタッチタイピングをマスターしていればさほど問題になりませんし、カーソルも他のキーの組み合わせで動かせるので問題になりません。
(プログラミングでは数字を直接入力する機会が少ないというのもあると思います)

Controlキーが手をホームポジションに置いたとき左手の小指で押しやすい位置にあるのも特徴です。

ソフトウェア開発の現場にいくと、最も安いモデルでも2万円を下らないこのキーボードを自腹で買って使っている若いプログラマーや、もう偉くなってプログラムを書かなくなったのにこのキーボードを手放せない元プログラマーの人たちがけっこういます。

PFUのウェブサイトでは、手になじんだキーボードをカウボーイの鞍になぞらえて、消耗品のパソコン(馬)が壊れても、キーボード(鞍)は生涯使える大切なインターフェースだという、このキーボードの生みの親である東大の和田先生の言葉が紹介されています。電子部品を使った工業製品なので、本当に生涯使えるかというと微妙ですが、壊れてもまた同じシリーズのキーボードを買いたくなる魅力を持った製品であることは確かです。

この速さでもちゃんと入力できる(2分50秒付近)


有線でしか使えないのが弱点だった

コンパクトで持ち運びに便利そう(実際は500グラムくらいあるので、持ち運びに向いているかはわかりませんが)なのに、これまでHappy Hacking Keyboardには有線接続のモデルしかありませんでした。

Happy Hacking Keyboardのキータッチを愛する人たちからは、スマホやタブレットでも使いたいと熱い要望が寄せられていたようで、EneBRICKというUSB接続のBluetoothインターフェースとセット販売もされていました(今もされてます)。EneBRICKを使えばBluetooth経由でスマホやタブレットと接続できるという触れ込みでしたが、いろいろあってあまり評判は良くなかったようです。

そして、ついにこの4月25日、単体でPCやスマホ・タブレットとBluetooth接続できる「Happy Hacking Keyboard Professional BT」が発売になります!

何年待ったことか!


Happy Hacking Keyboard Professional BTの概要

Happy Hacking Keyboard Professional BTには英語配列モデルと日本語配列モデルがあり、英語配列モデルにはキートップの文字が刻印されていない「無刻印モデル」が用意されています。

英語配列モデルの仕様
Happy Hacking Keyboard Professional BT specs 1

日本語配列モデルの仕様
Happy Hacking Keyboard Professional BT specs 2

色は艶消し黒(墨色)だけが用意されています。

キートップの文字は墨色のキーの上に黒で印字されているので少し見づらいですが、どうせタッチタイピングするのならあまり関係ありません。

また、日本語配列モデルでもキートップにはカナの印字はされていません。Happy Hacking Keyboardシリーズではお約束の仕様ですが、見た目がすっきりしてとてもカッコいいです。

日本語配列モデルにはカーソルキーがあります。このため、日本語配列モデルでは右のShiftキー周辺が多少窮屈になっていますが、ディップスイッチでカーソルキーに他のキーを割り当てることできるので、たとえば上矢印キーをShiftキーとして動作させるなどしてカバーできます。

Bluetoothは最大4台までのマルチペアリングに対応しているので、複数のPCやスマホ・タブレットで使いたい場合に、いちいちペアリングし直す手間がありません。

電源は乾電池(単3電池 x 2本)ですが、電池が切れた場合はmicro USBで給電して使うことができます。

※ micro USBコネクターは「給電用」とされているので、PCとケーブルで接続してもUSBキーボードとしては認識されないと思われます。


まずは店頭でHappy Hacking Keyboardのキータッチを体感してみるといいです

Happy Hacking Keyboard Professional BTの販売価格は税込2万9,700円です。

絶対値としては誰が見ても高いです。安いラップトップPCなら買えちゃう値段です。

Happy Hacking Keyboardシリーズはパソコンよりも高いお金をキーボードに出すような特殊なお客さんを狙った風変わりな製品ではありますが、だからといって一般人の我々が無視して通り過ぎてしまうにはあまりにも惜しい逸品です。

文字を書くだけなら100均の3本入りボールペンで十分なのにLamyやCROSSが欲しくなるように、セットで500円のドライバーセットじゃなく1本1,000円のSnap-onやKTCが欲しくなるように、キーボードもPCの付属品じゃない単品の良いものを使っていいはずです。それが毎日使う仕事道具ならなおさらです。

思った以上にコンパクトで引き締まった見た目と最高の打鍵感で衝動買いしてしまう危険と隣り合わせですが、いちどショップで実物を触ってみられるといいと思います。

東京なら秋葉原のヨドバシ マルチメディア Akibaに展示されていたと思います。

なお、Bluetooth対応モデルは直販限定。現在AmazonのPFUショップで予約受付中です。先着1,000名限定で専用のケースがもらえるそうです。

リンク:Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列/墨 PD-KB620B
リンク:Happy Hacking Keyboard Professional BT 英語配列/墨 PD-KB600B
リンク:Happy Hacking Keyboard Professional BT 無刻印/墨 PD-KB600BN