【お得】Windows 10の値段は思ったより高い ~安く導入する方法

シェアする

Windows Hello

Windows 10をお店で買うといくらくらいするんだろうと調べてみると意外に高くて驚きました。

メーカー製の最新のPCを使っている分には関係ないことですが、古いPCにWindows 10をインストールしたいとか、MacのBootcamp用に必要だとか、仮想マシンにインストールするといった場面で、パッケージが必要になることもなくはありません。

なるべく安く導入したい。


スポンサーリンク

Windows 10は意外と高い

マイクロソフトストアでWindows 10のお値段を調べてみると、Windows 10 Homeが1万9,000円以上、Windows 10 Proだと2万8,000円近くするので驚きました。

冷静に考えればそれだけの価値はあると思いますが、2万円というといろいろいいものが買える金額ですし、OSなんてPCを買うとタダでついてくるものという感覚が抜けないと、買うのに躊躇してしまう値段ではあります。

それでも必要なときはどうするか?


困ったときのAmazon

Amazonならわりと安く買えます。

ざっと3割引き。

どこで買っても同じなら安いところで買えばいいですね。


古いOSを買ってアップグレードする

Windows 7以上のOSは2016年7月28日までなら無償でWindows 10にアップグレードできます。

ということは、Windows 7、8、8.1のどれかをWindows 10よりも安く買えれば、その分お得ということです。

古いOSからアップグレードした場合と、パッケージのWindows 10を買った場合とで、OSとしての機能的な違いは全くありません。

というわけで、Windows 7以上のOSがまだ買えるのか探してみます。

Amazonを探ってみると、Windows 7とWindows 8.1のDSP版が売られています。価格もWindows 10より少し安いです。

しかし、その大半がマーケットプレイスでよくわからない業者が販売しているもので、レビューを見ても偽物だとか詐欺だとか散々な評価がついていますので、気を付けて利用しないと危なそうです。

Windows 8.1ならAmazonが直々に販売しているものがあるので、そこから買うのが良さそう。


パーツショップの店頭で買う

秋葉原や日本橋のPCパーツショップの多くでDSP版のWindowsが販売されています。

DSP版を購入する場合、何かのパーツとセットで購入してそのパーツを組み込んだPCで使用することが条件になると思っていましたが、最近はそうとは限らないようです。知りませんでした。

DSP版はOEM製品のひとつです。
従来はパーツとセット(バンドル)の場合だけ購入が可能でしたが、現在はDSP版 Windows 単体での購入が可能になっています。
http://shop.tsukumo.co.jp/special/100201a/

Windows 10はもちろん、Windows 8.1ならまだ売られているところも多いので、上で紹介した古いOSからアップグレードする作戦と組み合わせるとよりお得になります。


まとめ

意外と高いWindows 10をなるべく安く手に入れる方法をまとめました。

一切手間を掛けないならAmazonでWindows 10を買うのがおすすめ。
多少の手間はいとわずに少しでも安く済ませたいならWindows 8.1を買ってWindows 10にアップグレードするのがお得です。

アップグレードのときにクリーンインストールしたい場合は以下の記事が参考になります。
合わせてご覧ください。

【少し面倒】無償アップグレードのWindows 10をクリーンインストールする手順

【少し面倒】無償アップグレードのWindows 10をクリーンインストールする手順

【改善】無償アップグレード版のWindows 10をもう少しだけ簡単にクリーンインストールする方法

【改善】無償アップグレード版のWindows 10をもう少しだけ簡単にクリーンインストールする方法