【子供】ついにWindows 10の最新コマーシャルが公開される

シェアする

Project Spartan

YoutubeのWindowsチャンネルにWindows 10のコマーシャルがアップされています。

Windows 10がある時代に育つ子供たちの笑顔満載のハッピーCM。

子供を使うなんてずるい。


スポンサーリンク

Windows 10のコマーシャル動画「Introducing Windows 10 – The future starts now」

内容は次のとおりです。

  • 想像してほしい…
  • この子供たちは将来パスワードを覚える必要がなく、セキュリティについて思い悩む必要がないことを
  • 彼らにとってスクリーンはタッチできるものであり、Webページは書き込んでほかの人と共有できるものであることを
  • デバイスが彼らの話を聞き、語り、歌い、気の利いたジョークを言うことを
  • 彼らの成長とともにテクノロジーも進歩することを
  • 彼らは彼らの親たちが想像もしなかったようなことをすることを
  • なぜなら彼らはWindows 10のある時代に育つのだから

巧妙な比較広告だった

パスワードを覚える必要がないのは「Windows Hello」と「Microsoft Passport」のことを指しています。

Webページへの書き込みとシェアは「Edge」のことを、デバイスとの対話は「Cortana」のことを指しています。

子供たちの成長とともにWindowsも成長するというくだりは、Windows 10を搭載したPCはデバイスのサポート期間が続く間は無料で最新のWindowsを使い続けられるという「Windows as a service」を指しているのでしょう。

ここで取り上げられているWindows 10の先進性は、無償アップグレード以外はMacにはない機能・サービスで、Back to school時期にどのパソコンを買おうかしらと悩んでいる人に「やっぱり新しいWindowsのほうがすごいじゃん」と思ってもらいたいという思惑が垣間見えます。

うまくいくかどうかは蓋を開けてみないとわかりませんが、約1週間後に迫った正式リリースを首を長くして待ちたいと思います。