WannaCry(WannaCryptor/WannaCrpyt/Wcry)対策用パッチまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 277
Password

WannaCryがやばいです。

サポート継続中のOSを使っているなら、ちゃんとWindows Updateで更新プログラムをインストールしていれば影響はありませんが、Windows XPやWindows 8のようなサポート終了済みのOSを使っているなら、今すぐに以下のパッチをインストールです。


スポンサーリンク

WannaCry対策パッチまとめ

■サポート中のOS用はこのパッチがWindows Updateからインストールされる
Microsoft Windows SMB サーバー用のセキュリティ更新プログラム (4013389)

■Windows XP / 8 / Server 2003用はこちらのリストから手動インストール
Microsoft Update Catalog 「KB4012598」

Microsoft Update Catalogの方は少し繋がりにくくなっています。

なお、WannaCryにロックされたデータの身代金は300ドルだそうです。
ちゃんとセキュリティパッチが配布される新しいOSとセキュリティソフトを買ってもそんなにはしませんので、早めに根本対策をしたほうがいいと思います。

リンク:Windows 10 Pro (32bit/64bit) USBフラッシュドライブ(Amazon)
リンク:Windows 10 Home (32bit/64bit) USBフラッシュドライブ(Amazon)