周辺機器一覧

OppoのSonica DACをAirPlayやSpotifyのプレーヤーとして使うと快適すぎてやめられなくなる話

2月に発売されてすぐに品切れになり、ずっとどこにも在庫がなかったOppoのSonica DACがようやく届きました。 ESSのハイエンドDACチップを搭載してハイレゾ音源の再生音質がメディアで高く評価されている本機種ですが、単なるAirPlay & Spotify(そのうちTidalも)専用プレーヤーとして導入した私の感想。 Spotify Connectが快適すぎる件。

【レビュー】dodocool Wi-Fiルーター/アクセスポイント/リピーター(中継器) DC24US

広い家や2階建て・3階建ての家に住んでいる方の悩みの一つに、Wi-Fiの電波が隅々まで届かないということがあると思います。 この記事では、Wi-Fiルーターとしてだけでなく、Wi-Fiの電波を中継するリピーター(中継器)としても活用できる、dodocoolのWi-Fiルーター/アクセスポイント/リピーター DC24USを紹介します。

【レビュー】dodocoolのマグネット式microUSBケーブル「DA125」は安心で快適

USB Type-Cに対応する機器が少しずつ増え始めていますが、現状ではやっぱりmicroUSBが優勢です。 microUSBの虚弱なコネクターを保護しつつ、日々の充電作業を簡単にしてくれる、マグネット式ケーブルを使ってみましたので、そのレポートをお届けします。 もう普通のケーブルには戻れないかもしれないです。

【未来】Koogeekスマートコンセントでホームオートメーションの世界を垣間見る

iOS 10で追加された「ホーム」というアプリを使うと、HomeKit規格に対応した家電製品を制御して、ホームオートメーションというやつを実現できます。 日本ではまだHomeKit対応機器があまり多く発売されていないのですが、今回HomeKitに対応したKoogeekのスマートコンセントを使う機会がありましたので、セットアップから実際の使い勝手までをお届けします。 未来の予感を十分に感じられます。

【レビュー】手頃な価格のUSB Type-Cアダプター「dodocool 7-in-1 USB Type-Cアダプター DC30S」

12インチMacBookや2016年モデルのMacBook Proで気になるのは、インターフェースがUSB Type-Cポートしかないことです。 周辺機器側の対応がそれほど進んでいない現状、他の機器と組み合わせて使おうとすると何らかのアダプターが必要なわけですが、今回dodocoolのUSB Type-Cアダプター「DC30S」を使わせていただいたので、そのレポートをお届けします。

【Tips】AirPodsで素早くボリューム調整する

Appleのワイヤレスイヤフォン「AirPods」には物理ボタンがなくて、曲のスキップや音量の調節はiPhoneやApple Watchなどのデバイスを操作するか、Siriを呼び出して行うかしなければなりません。 iPhoneのボリュームは17段階(0から16まで)に調整できますが、Siriに「ボリュームを上げて」「ボリュームを下げて」と指示して調整できるのは2段階ごとで、一気に上げ下げしたいときに非常にもどかしいです。 そんなときに使える小技を紹介します。

【レビュー】絵を描かない人向けのApple Pencilのレビュー

ブログ更新用にiPad Pro 12.9インチモデルを手に入れてから、そろそろ2か月になります。 当初、Apple Pencilはいらないな、どうせ絵とか描かないしと思って、本体とキーボード(Magic Keyboard)とSmart Coverだけで運用していましたが、テキスト書き以上に用途を広げるためにはペンもあった方が良いんじゃないかと思い直して、年明けにApple Pencilを買い足しました。 その感想など。

【至福】BOSEの新製品体験会 2017で見たSoundTouch 300の話

先日、音響機器メーカーBOSEの新製品体験会にお呼ばれして、間も無く発売される新製品「SoundTouch 300」を見せていただきました。 誰でも簡単に設置できてパワフルなサラウンド・サウンドを堪能でき、さらに単体でSpotifyの音楽を再生できたり、Bluetoothスピーカーにもなるという、見た目を犠牲にせずに良い音を楽しみたいご家庭にうってつけのナイスなホームシアター・システムでした。

【レビュー】iPad Pro 12.9インチでSmart Keyboardを使ってみた感想

iPad Proのリニューアルはまだまだ先になるらしいと聞いて安心している私です。 さて、昨年暮れに購入したiPad Pro 12.9インチモデルのキーボードとして、Apple Magic Keyboardを常用している私ですが、別体式のキーボードを使いづらい状況もなくはないので、iPadと合体できて前面のカバーにもなるSmart Keyboardも手に入れました。 その感想をまとめたいと思います。

【満足度】東プレ REALFORCE91U を買った話

東プレの高級キーボード「REALFORCE91U」を買いました。 REALFORCEシリーズは静電容量無接点方式のセンサーを採用したPC用キーボードで、キーのセンスのために電極を使わないので機械的な構造がシンプルになっていて、そのおかげでキーを押し下げたときの荷重変化がなだらかで、とにかく快適に入力できます。 私が買ったのは小指で押すキーの荷重が小さくなっている変荷重タイプ。同じ静電容量無接点方式のHappy Hacking Keyboardとはまた違ったキータッチです。

【レビュー】お風呂やアウトドアで使いたい防水Bluetoothスピーカー「Omaker M6」

Omaker M6という防水機能を持つBluetoothスピーカーを使わせていただいたので、そのレビューをお届けします。 以前紹介した同社のM4よりも大型で、スピーカーユニットが2機搭載されたステレオスピーカーです。 ものすごく大きな音が出せるので、アウトドアで活躍しそうです。

【レビュー】Apple AirPodsがかなり良い

現在、超絶品薄状態が続いているAppleの完全ワイヤレス・イヤフォン「AirPods」ですが、年末年始の旅行中に最寄りのアップルストアに在庫があるのを発見して、すかさずゲットしました。Appleの品薄商品は小まめに店頭の在庫を確認すると手に入ることがあるので油断できません。 さて、AirPodsですが、これは非常に良いものです。

【絶賛】Apple AirPodsのレビューのまとめ

Appleの完全ワイヤレス・イヤフォン「AirPods」が欲しいけど、どこにも売ってません。 最近販売が始まったauのオンラインショップにも在庫はありません。au直営店にも足を運んでみようと思いますが、かなり望み薄です。 Appleオンラインストアの出荷予定は来年の2月中旬だそうです。 当分手に入らなさそうなAirPodsですが、各所のレビューを眺めて予習したいと思います。

【レビュー】BOSE SoundTouch 10 をSpotifyと組み合わせるととても満足度が高い

先日BOSEの製品体験会に参加させていただいて、音楽配信サービス「Spotify」との連携機能をフィーチャーしたワイヤレス・スピーカー「SoundTouch」シリーズを知りました。 SoundTouchシリーズで最もお手頃なモデル「SoundTouch 10」を自宅でじっくり使い込んだ感想をお届けします。 BOSEのスピーカーを使うといつも思うことですが、このサイズでこの音を出せるのはズルいです。

【レビュー】防水Bluetoothスピーカー Omaker M4はオールラウンドに使えて「声がよく聞こえる」

旅行やキャンプやお風呂で役に立ちそうな、防水Bluetoothスピーカー Omaker M4のレビューをいたします。 すっかり寒くなって海に山にという季節ではなくなってしまいましたが、旅先のホテルで過ごすときや、自宅のお風呂でリラックスするときに、無線で使えて水にも強いスピーカーがあると便利です。

【レビュー】dodocool 5000mAh 薄型モバイルバッテリー DP09

スマートフォンなどとともに持ち歩くモバイルバッテリーで、なるべくかさ張らず容量も大きなものというと、意外と選択肢が少ないものです。 dodocoolのDP09は大半のスマホと同程度の大きさ・厚みでありながら、スマホのフル充電およそ2回分の容量を持つモバイルバッテリーで、バッグのポケットなどに忍ばせておくのにちょうど良いサイズです。出力ポートが2つあるので、スマホ以外の充電にも便利です。

スポンサーリンク