快適しごと環境一覧

【満足度】東プレ REALFORCE91U を買った話

東プレの高級キーボード「REALFORCE91U」を買いました。 REALFORCEシリーズは静電容量無接点方式のセンサーを採用したPC用キーボードで、キーのセンスのために電極を使わないので機械的な構造がシンプルになっていて、そのおかげでキーを押し下げたときの荷重変化がなだらかで、とにかく快適に入力できます。 私が買ったのは小指で押すキーの荷重が小さくなっている変荷重タイプ。同じ静電容量無接点方式のHappy Hacking Keyboardとはまた違ったキータッチです。

記事を読む

【11/17まで】キングジムの「ポータブック」が安売り中 -超コンパクトWindows 10 ラップトップ-

キングジムの超コンパクトWindows 10 ラップトップ「ポータブック XMC10」がかなり安く手に入ります。 ポータブックの仕様のおさらいなども。

記事を読む

【デスクワーク最強マウス】Logicool MX Masterの魅力

PCの出荷台数がどんどん減っているという調査結果を目にしましたが、社会人の方のお仕事や、学生さんでもレポート書きや込み入った調べものの場面ではPCがないと話にならないのは今も変わらないはずなので、ある程度のところで下げ止まるんじゃないかと楽観しています。 さて、PCで気合いを入れて作業しようとする場合、キーボードやマウスなどのインターフェースが快適かどうかによって、作業効率がぜんぜん違ってきます。 最近、個人的にデスクトップPCで作業する機会が多くなっていて、マウスをいくつか試していたのですが、やっぱりLogicool MX Masterが快適だということを再発見しました。

記事を読む

【エルゴトロン】モニター用のアームが快適すぎて仕事も遊びも捗る話と分厚い机への取り付け方

少し前にオカムラのタスクチェア「コンテッサ」を手に入れて、家でPCに向かうときにはずっとこの椅子に座るようになりました。 キーボードを使うときはのけ反って頭をヘッドレストにあずけ、腕もアームレストに乗せて手首から先だけ動かすようにするとビックリするほど楽ちんになりますが、これまでと比べてモニターと頭の距離が遠くなるので、小さな文字が読みづらくなるといった弊害もあります。 そこでモニターアームの出番です。

記事を読む

【ピンク軸】FILCO Majestouchに静音モデル「Majestouch 2 S」登場

ダイヤテック株式会社のキーボードブランド「FILCO」からは、ドイツ CHERRY社のメカニカルスイッチを使ったキーボードがたくさん発売されていますが、今月末から静音タイプの「ピンク軸」スイッチを使ったモデルが登場することになりました。 その名も「Majestouch 2 S」。 ところでピンク軸とは?

記事を読む

【レビュー】オカムラ コンテッサのいまさら写真多めレビュー

オカムラのタスクチェア「コンテッサ」を買いました。 別記事に書いた通り、私はわりと最近までコンテッサユーザーだったのですが、いったん手放したあと、またすぐに手に入れることになりました。 結果、自宅での作業がめちゃくちゃ快適になりました。 発売から14年も経っていて「いまさら」感は否めませんが、せっかく手元にあって写真も撮り放題なのでレビューを試みます。

記事を読む

【オカムラ】タスクチェアを買い直すために真剣に調べた結果

自宅用のタスクチェア(仕事で使う椅子)としてオカムラのコンテッサを10年くらい使っていました。 昨年、訳あって手放しましたが、最近自宅での作業が増えて長時間机に向かうことが多くなり、ダイニングチェアで戦うのがつらくなってきました。 新しいタスクチェアを手に入れるときかもしれない。

記事を読む

【神】Windows 10ユーザーはLogicool MX MASTERの快適さにひれ伏すべき

Windows 10のデスクトップPC用にマウスを新調しました。 マウス界の巨星、Logicoolの旗艦「MX MASTER」です。 Windows 10の仮想デスクトップ環境との相性がヤバいです。

記事を読む

【おすすめ】Logicool Ultrathin Touch Mouse T630は軽くて表面さらさら

LogicoolのUltrathin Touch Mouse T630を使っています。 もとはWindowsでMacのApple Magic Mouseみたいなことをしたくて手に入れたものですが、今ではMacでもMagic MouseではなくUltrathin Mouseを使っています。 その理由は?

記事を読む

スポンサーリンク