リモートワークへの備えはこれで万全という話

Remote Work 2020 - 2快適しごと環境

新型コロナウィルス問題が国内でも次第に深刻化するなか、にわかにリモートワーク(テレワーク、在宅勤務)への関心が高まっています。

意図したわけではありませんが、我が家ではいつの間にか備えは万全だったという話。


スポンサーリンク

リモートワークに必要なもの

とりあえず家で仕事をするために必要なものは、カメラとマイクが付いたPC/Macということになるかと思います。

カメラもマイクも、現代のラップトップPCにはほぼもれなく付いているものなので、ラップトップ派の皆さんはいちおうクリアーです。

リンク:Microsoft Surface(マイクロソフトストア)icon
リンク:MacBook Air(ビックカメラ)icon

しかし、デスクトップPCの場合はカメラもマイクも付いていないものが大半なので、なんとか調達しなければなりません。

この機会に上に挙げたようなラップトップを買ってしまうというのも良いでしょうが、それほどの出費はできないとか、デスクトップならではの処理能力と大画面は譲れないという場合は、外付けのカメラとマイクを調達することになります。


いつのまにかリモートワーク対応環境が完成していた

さて私の場合、最近はデスクトップPCが自宅でのメイン環境となり、超ハイパフォーマンスかつ32インチの大画面ディスプレイで、どんな処理もサクサクこなせる状態になっています。

【Mini-ITX】リュックに入るくらい小さいデスクトップPCを作った話【Ryzen 9 3900X】
Mini-ITXフォームファクタのマザーボードを使って、小さくてそこそこ速いWindowsデスクトップを作りたいという話を少し前に書きました。まだやることは残っているのですが、とりあえず一通り実用に足るものができたので、現状をご紹介しま...
Surfaceに外部ディスプレイなどを接続したら予想以上に快適になった話
外に持ち出せばほとんど最強レベルのPCであるSurface Book 2ですが、自宅でそのまま使うと少し物足りないような気もします。もう少し快適にできるんじゃないかと。Surface Book 2に外部ディスプレイを接続したら、大画面で...

さらに、Windows Hello目当てでずっと前に導入して愛用しているカメラもあります。

【Windows Hello】マウスコンピューター 顔認証カメラ CM01
マウスコンピューターから発売中の顔認証カメラ CM01を買いましたので簡単なレビューを。自作PCでもなんでも、Windows 10 PCなら、顔認証に対応するようになります。

現行モデルはこちら。

さらにさらに、こんなこともあろうかとつい先日衝動的に手に入れたUSB接続のコンデンサーマイク(アーム&ショックマウント付き)もあるので、高音質での音声配信も可能です。

このBlue Yetiは指向性をコントロールできるので、マイクの正面の音だけを拾うようにして、周囲の生活音や窓の外からの騒音をカットすることもできます。

Remote Work 2020 - 1

アームとセットで買えば、使わないときは脇に避けておくことができます。

マイクをショックマウントなしで直にデスクに置いてしまうと、キーボード操作などの振動が雑音としてマイクに乗ってしまうので、リモートワーク用途にはショックマウントがある方がいいです。

Yetiには3.5mmのヘッドフォン端子があるので、そこにノイズキャンセリング機能付きヘッドフォンを接続してしまえば、万全のリモートワーク環境が完成です。

Remote Work 2020 - 2

それと、Yetiにはミュートボタンがありワンプッシュでマイクをオフにできるのも、自宅で使うのには安心です。

自腹の仕事道具に何万円も出すのはちょっと、という方はゲーミングヘッドセットという手もありますね。

マイクとヘッドフォンを別々に買うよりずっと安いですし、仕事で使わなくなってもゲーム機用に転用できます。

それから、ダイニングチェアに8時間座り続けるのは想像するより過酷です。座り心地の良いチェアがあったりすると、より快適に作業できるのではないでしょうか。

【レビュー】オカムラ コンテッサのいまさら写真多めレビュー
オカムラのタスクチェア「コンテッサ」を買いました。別記事に書いた通り、私はわりと最近までコンテッサユーザーだったのですが、いったん手放したあと、またすぐに手に入れることになりました。結果、自宅での作業がめちゃくちゃ快適になりました。...

というわけで、タイミング的にはギリギリですがリモートワークへの備えの話でした。


タイトルとURLをコピーしました