Western Digitalの5TB ポータブルHDDが安い

WD My Passport 5TB - 0Amazon

Western DigitalのポータブルHDDを愛用しています。

持ち歩くわけではなく、容量の多いデータの長期保存用としてです。

今なら安く買えます。


スポンサーリンク

WD My Passport 5TBモデルが安い

ポータブルHDDは大容量データの長期保存に便利

私が使っているWestern DigitalのポータブルHDDがこちらです。

WD My Passport 5TB - 1

本体にはUSB Type-Cポートがあり、付属のケーブル1本でPCやMacと接続するだけで使えます。ケーブルは反対側もType-Cですが、Type-Aに変換するアダプターが付いているので、Type-CポートのないPCでもそのまま使えます。

バスパワー方式なので基本的に電源の心配はいりません。

これは4TBモデルですが、容量当たりの価格が安かったからこれを選んだだけで、価格次第ではひとつ上の5TBモデルを買ってもよかったと思っています。

My Passportという名前は旅行に持っていくパスポートから取ったのかもしれませんが、じっさいには日本のパスポートより2回りほど小さいコンパクト設計です。

小さくてそれほど重くもないので日々持ち歩いてデータドライブとして使うこともできるでしょうが、私は大容量データの長期保存用ドライブとして使っています。

あちこちで撮りためた写真や動画をPCのストレージに置いておこうとすると、高価なSSDの容量を浪費してしまいます。

捨ててしまうわけにはいかないけれどすぐに使うわけでもないこうしたデータを保存するために、ポータブルHDDは非常に便利です。

NASのように常に通電しているわけではないので故障の恐れが小さく、本体が小さいので置き場所にも困りません。

というわけでたいへん重宝して使っていて、1台では容量が足りなくなり、現在は上の写真の2台目がそろそろいっぱいになろうかというところです。

My Passportの5TBモデルを安く手に入れる

さて、上記のUSB Type-CタイプのMy Passportは4TBで約1万6,000円、5TBなら約1万9,000円とわりと高価です。

そう頻繁に買うものでもないので多少高いのには目を瞑って買ってしまったわけですが、安いに越したことはありません。

そこで紹介したいのが本体側のインターフェースがUSB 3.0 Micro-Bタイプのこちらのモデルです。

色は赤のほかに白、黒、青から選べます。

インターフェースが違うので付属するケーブルも片方がType-A、もう片方がMicro-Bのものに変わります。

WD My Passport 5TB - 2

Micro-BはこうしたポータブルHDDやカードリーダーの機器側のポートとして今でも普通に使われていますが、将来的には次第に使われなくなっていく運命なのではないかと思います。

だから、このタイプのモデルを買う場合は、データとともにケーブルも長期保存する心構えが必要です。それが約2,000円の差額の理由と考えましょう。

ケーブルを保存する手間賃が2,000円では安すぎますか?

ではAmazon.comで同じ商品を見てみましょう。

リンク:WD 5TB My Passport Portable External Hard Drive, Black(Amazon.com)

本体がおよそ100ドルに送料がおよそ10ドル。1ドル110円としておよそ1万2,000円少々です。

WD My Passport 5TB - 3

個人輸入の場合、この金額なら輸入消費税は掛からないはずです。

仮に1万2,000円で買えたとすれば、USB Type-Cタイプを日本で買うのと比べて7,000円安くなります。

これくらい安くなればインターフェースに多少難があっても納得できるのではないでしょうか?

容量多めのポータブルHDDが必要な方はなくならないうちに買っておくのが良いかもしれません。

リンク:WD 5TB My Passport Portable External Hard Drive, Black(Amazon.com)


タイトルとURLをコピーしました