Windows 11のシステム要件が上がって使えなくなる古いPCが続出しそうな話

※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
Windows 11 - 1 Microsoft/Windows

Microsoft Windows 11が正式に発表されました。

Windows 10からはシステム要件が大きく変わっています。違いを確認しておきましょう。


スポンサーリンク

Windows 11のシステム要件 〜 Windows 10との比較

Windows 11のシステム要件はこちらで公開されています。

リンク:Windows 11 のシステム要件、機能、デバイスの要件について(Microsoft)

そして、これまでWindows 10を動作させるのに求められた要件はこちらに書かれています。

リンク:Windows 10 コンピュータの仕様とシステム要件を見つける方法(Microsoft)

両方を見てみると、一見してWindows 11では要件の項目が増えているのがわかります。

比較してみましょう。

項目 Windows 11 Windows 10
プロセッサ 64bit、1GHz以上、2コア以上 1GHz以上
RAM 4GB以上 1GB以上(32bit版)
2GB以上(64bit版)
ストレージ
ハード ドライブの空き領域
64GBの装置
(必要な空き容量の値の記載なし)
16GB(32bit版)
または
32GB(64bit版)の空き容量
システムファームウェア UEFI、セキュアブート対応
TPM TPM 2.0
グラフィックスカード DirectX 12以上
(WDDM 2.0ドライバー)
DirectX 9以上
(WDDM 1.0ドライバー)
ディスプレイ 9インチ以上、8bit以上、720p以上 800×600以上
インターネット接続 Homeエディションの初回使用時、
Sモード解除時、
更新プログラムインストール時に必要
アップデート時、
Sモードの初期セットアップ時、
Sモード解除時に必要

主な変更点を見てみます。

32ビットプロセッサーが使えなくなります。

RAM容量が2倍(4GB)になります。

ストレージ容量は直接比較できませんが、どうやら必要量は増えそうな書きぶりです。

UEFIとTPMが必須になります。

DirectXのバージョンは9から12にジャンプアップ。リリース年で言うと2002年(DirectX 9)から2015年(DirectX 12)の13年分要件が上がることになります。

ディスプレイは解像度要件が上がっただけでなく、サイズ要件が加わりました。

Home版でデバイスをはじめて設定するときにインターネット接続が必要になります。


DirectX 12必須化/ディスプレイサイズ要件追加で使えなくなるデバイス続出か?

今回の要件変更は比較的古めのPCを使っているユーザーにとってはキツいものになるかもしれません。

Intelのサポート情報によると、DirectX 12に対応したCPU内蔵のグラフィックス・コントローラーは、Intel HD Graphics 4200/4400/4600/5000より新しいものとされています。

Windows 11 システム要件 - 1

Windows 11の要件を満たさなくなる4000番台のグラフィックス・コントローラーは、2013年に登場したHaswell世代のプロセッサーに搭載されています。

Haswellってそんなに古いイメージがありません。

Haswell以降のマイクロアーキテクチャを辿ってみると…

  • Haswell(2013)
  • Haswell Refresh(2014)
  • Broadwell(2015)
  • Skylake(2015)
  • Kaby Lake(2017)
  • Coffee Lakee(2017)
  • Comet Lake(2020)
  • Rocket Lake(2021)

ざっとこんな感じになります。

まだまだ現役で稼働しているHaswell搭載PCはたくさんあるんじゃないでしょうか。とくに企業で大量導入しているものには。
サイズ大きめのデスクトップPCならグラフィックスカードを取り付ければDirectX 12対応は難しくありませんが、小型のPCやラップトップでは打つ手なしです。

こうしたPCはWindows 10で足止めされます。

それから、ディスプレイサイズの要件はUMPCを根こそぎWindows 11非対応にしてしまいそうです。

Windows 10(May 2021 Update)のサポートはあと約10年続くので、いまUMPCを買うとずーっと同じOSのまま利用し続けることになるわけです。厳しい。

OSが新しい機能を追加したり、既存の機能をブラッシュアップして使いやすくなっていくのは大歓迎ですが、その一方で、激安で買える中古のラップトップで遊ぶのも楽しいので、Windows 11のシステム要件には複雑な気持ちにさせられます。

↓これはSkylakeだから大丈夫なはず


タイトルとURLをコピーしました