【最大75%オフ】BIGLOBE SIMユーザーはBIGLOBEでんわを使えば通話料がとても安くなる話

シェアする

BIGLOBE SIM campaign

今月、2年間使ったdocomoからMNPしてBIGLOBE SIMを使い始めました。

今月はWi-Fi圏内にいることが多いので通信速度が速いとか遅いとかの評価はまだできないのですが、今のところとくに不満なく使えています。

さて、BIGLOBE SIMユーザーだけが使える「BIGLOBEでんわ」というサービスがあることを知りました。

通話料金が最大約75パーセントも安くなるという「BIGLOBEでんわ」について紹介します。


スポンサーリンク

BIGLOBEでんわの概要

BIGLOBEでんわはBIGLOBE SIMユーザー向けの低料金の通話サービスで、スマートフォンに専用のアプリをインストールしてそのアプリから発信することで、通常よりも安い料金で利用できるというものです。

専用アプリを利用すると相手先電話番号の先頭に4桁のプレフィックス番号をつけて発信するようで、その場合にBIGLOBEでんわによる発信と認識されて料金が安くなる仕組みです。

Q:「BIGLOBEでんわ」の発信履歴を確認すると、相手先電話番号の先頭に4ケタの番号がついているのですが、なぜですか
A:説明
「BIGLOBEでんわ」は相手先電話番号の先頭に4ケタの番号を自動で付け、標準の発信とは別の電話回線を用いることで、おトクな料金の通話サービスを提供しています。
BIGLOBE SIM

「050plus」「LINE電話」「Skype」のようなIP電話ではなく、電話回線を利用したサービスなので、音声品質が高く、遅延が少ないことを期待できるのが特徴です。

BIGLOBE電話の料金は「30秒10円(不課税)」となっていて消費税が掛からないようです。
また、携帯電話相手なら発信者番号通知もできるようです。

どこかで似たサービスを見たことがあったと思って調べてみると、「楽天でんわ」も同じような仕組みで低料金を実現していました。

楽天でんわは無料キャンペーン時代に使ったことがありますが、音質、遅延ともにとくに不満なく使えていました。

リンク:楽天でんわ

BIGLOBEでんわの概要をまとめると次のようになります。

項目 内容
国内向け通話料 10円/30秒(不課税)
海外向け通話料 20円/30秒(不課税)
利用可能なユーザー BIGLOBEの音声通話SIM利用者
利用可能な端末 Android 2.3以上 または iOS 7.1以上を搭載する端末
利用条件 「BIGLOBEでんわ」アプリから発信すること
発信者番号通知 相手が携帯電話の場合は可能

通話料金が最大75%安くなる

一般的な携帯電話の国内通話料金は30秒20円(税別)です。

これに対してBIGLOBEでんわの通話料金は30秒10円(不課税)なので、約54%安くなっています。

これをさらに安くする方法として、「BIGLOBEでんわ 通話パック60」というものが用意されています。

「BIGLOBEでんわ 通話パック60」は月額650円(不課税)を支払うと国内通話を最大60分まで行えるというサービスです。
これを一般的な通話料金と比較すると75%も安いことになります。

通常の「BIGLOBEでんわ」と比べても、毎月32分30秒以上話すなら「BIGLOBEでんわ 通話パック60」を使う方が得になるので、ある程度以上通話される場合は「通話パック60」に申し込むのが断然お得です。

BIGLOBEでんわ
BIGLOBE SIM


楽天でんわに対するメリット

BIGLOBEでんわはBIGLOBEの音声通話SIMのユーザーにしか使えません。

楽天でんわならキャリアを選ばず使えるので、そちらの方が使い勝手が良いように見えますが、BIGLOBEに閉じているからこそのメリットもあります。

それは、利用料金の請求がBIGLOBE SIMの請求とまとめて行われることです。

BIGLOBE SIMのユーザーはすでにクレジットカード情報などの個人情報を登録済みのはずですが、その情報がそのままBIGLOBEでんわの請求にも使われるので、あらためて登録作業をする必要がなく、また、月々の料金の確認もBIGLOBEのサイトでワンストップで行えます。

当ブログは実は節約ブログなので、以前から家計簿をつけることを推奨していますが、毎月いろんなサービスの利用料金を確認するためにあちこちのサイトを巡回するのは面倒なので、こうしてワンストップでまとめて確認できるのは大きなメリットです。

ついでに、BIGLOBEでんわなら国内通話料金に消費税が掛からないのもお得です。


専用アプリからの発信になるので、スマホのパーソナルアシスタントからは使えない

iOSではパーソナルアシスタント機能「Siri」を使って電話を掛けることができますが、その場合は標準の電話アプリが使われます。

このため、専用アプリからの発信が条件になるBIGLOBEでんわは使えず、BIGLOBE SIMの通常の通話料金(20円/30秒(税別))が適用されます。

他のIP電話や楽天でんわでも同じで、専用アプリ式の電話サービス全般の不便な点と言えるでしょう。


ちょっとの工夫で高品質の電話サービスを安く利用できる

以上、BIGLOBE SIMユーザー専用の格安電話サービス「BIGLOBEでんわ」の紹介でした。

私はスマートフォンで電話を掛けることはあまりないので、月々の基本料金が必要なサービスは使いたくありません。

その点、BIGLOBEでんわなら、アプリさえインストールしておけば、ライトユーザーは月々の料金が掛からずに半額以下の通話料で利用できますし、ヘビーユーザーは「通話パック60」を契約して最大75%も通話料が安くなって十分に元が取れるので、利用しやすいサービスだと思います。

専用アプリから発信しなければならないところが面倒といえば面倒ですが、それさえ我慢できれば十分に利用価値のあるサービスです。

利用料金の請求がSIMの利用料とまとめて行われるのも良いところです。

BIGLOBE SIMユーザーの方はとりあえずアプリをインストールしてみましょう。

BIGLOBE SIMを使っていない方は最大3か月間の月額料金が無料になるキャンペーンが行われているので、乗り換えを検討されるのも良いと思います。

リンク:BIGLOBE SIM(公式)