「 Surface以外 」一覧

【比較】2016年末に選ぶべきモバイルラップトップ

【比較】2016年末に選ぶべきモバイルラップトップ

2015年の春にSurface Pro 3のCore i3モデルを買って、途中Surface 3に浮気したりしながら、かれこれ1年半ほどのあいだ外出時のラップトップの主力として使い続けてきました。 2014年10月の発売から約2年。自分の用途的にはほとんど不満はないものの、最近目にする新しいラップトップへの興味は隠せません。 今後2年間くらい使うつもりで、次期主力ラップトップを選びたいと思います。

【最安】Huawei Matebookの最上位モデルが10%オフで8万円未満

【最安】Huawei Matebookの最上位モデルが10%オフで8万円未満

AmazonでIntelのCPUを搭載したPCの安売りが行われています。 同時に「パソコン・周辺機器 ウィンターセール」というのも行われています。 対象となっているのはDellの製品が多いのですが、その中で個人的に気になるのはHuawei MatebookのCore m5モデルです。これは安いです。

【新型】Dell XPS 13(2016年モデル)の良いところ・良くないところ・選び方

【新型】Dell XPS 13(2016年モデル)の良いところ・良くないところ・選び方

Dellのフレームレスデザインのモバイル・ラップトップ「XPS 13」シリーズの最新モデルに触れる機会がありましたので、その魅力とおすすめモデルについて紹介します。 性能・デザインとも、現状のWindowsラップトップの中では抜きんでていると思います。

【格安】Huawei Matebook本体を買うとキーボードが無料(ただし少し面倒)

【格安】Huawei Matebook本体を買うとキーボードが無料(ただし少し面倒)

すでに日本でも発売されているHuaweiの2-in-1デバイスMatebookシリーズ。 Microsoft Surfaceには用意されなかったCore m5/m7モデルもラインアップされていて好評のようです。 そのHuawei Matebookの本体を買うと純正キーボードカバーがタダでもらえる数量限定のキャンペーンが行われています。アメリカで。 個人輸入しても日本の最安値より安くなりそうなので、英語キーボード派の方は狙ってみると良いかもしれません。

【待望】HuaweiからWindows 10対応の2-in-1 「HUAWEI MateBook」発売

【待望】HuaweiからWindows 10対応の2-in-1 「HUAWEI MateBook」発売

スマートフォンなどでおなじみの中国HuaweiからWindows 10に対応した12インチタブレット「HUAWEI MateBook」が発売されます。 MateBookはオプションのキーボードと組み合わせてラップトップとしても使える2-in-1タイプの製品ですが、この種の製品のリーダーであるMicrosoft Surface Pro 4にも見劣りしないものになっているようです。 Surface Pro 4との比較と、MateBookを選ぶ場合の注意点について。

【危険】DELL XPS 13の魅力

【危険】DELL XPS 13の魅力

プライベートで買うPCとして、これまで基本的にDELLのものは選択肢に入れていませんでした。 過去に一度だけ秋葉原のジャンクショップで売られていた企業払い下げのミニ・デスクトップ機を買ってホームサーバーとして使おうとしたのですが、強烈なファンノイズとすぐアツアツになるACアダプターが怖くなってすぐに手放しました。 職場で変態配列キーボードに苦しめられた経験があったりもして、なるべくDELLのPCには近寄らないようにしていました。 そんな私でも欲しくなった、DELL XPS 13の魅力について。

スポンサーリンク