【最終】DTI SIMの半年間無料キャンペーンが3月で終了. 申し込みの注意点など.

シェアする

SIM cards

かつて高級インターネット・プロバイダーとして名をはせたDTIがMVNO事業に参入し、DTI SIMという格安SIMを提供しています。

このDTI SIMが昨年から行っている「半年タダでお試し!キャンペーン」が、この3月いっぱいでついに終了するそうです。

2月から大手キャリアの端末販売価格が劇的に上がって行き場を失っている方や、MVNOに興味はあるけど品質やサービスが不安という方は、一度試してみると良いかもしれません。


スポンサーリンク

DTI SIMの「半年タダでお試し!キャンペーン」は解約しても違約金が掛からない

DTI SIMの料金プランはメールやネットだけ使える「DTI SIM データプラン」、さらにSMSも使える「DTI SIM データSMSプラン」、音声通話もできる「DTI SIM 音声プラン」の3つです。

各プランの月額基本料は次のとおり。(いずれも税抜き)

DTI SIM データプラン DTI SIM データSMSプラン DTI SIM 音声プラン
1GB 600円 1GB 750円 1GB 1,200円
3GB 840円 3GB 990円 3GB 1,490円
5GB 1,220円 5GB 1,370円 5GB 1,920円
10GB 2,200円 10GB 2,350円 10GB 2,900円

DTIの調べでは、太字のプランは業界最安値なのだそうです。
きっと微妙な違いなのだと思いますが、絶対値としてみても十分安いです。

このDTI SIMの容量3GBプランの月額基本料が、「DTI SIM データプラン」と「DTI SIM データSMSプラン」は半年間、「DTI SIM 音声プラン」は2か月間無料になるキャンペーンが行われています。

このプランを利用した場合に必要な費用は次のとおりです。

  • 初期費用 3,000円
  • 月額基本料 無料!
  • 通話料(自分で発信して通話した場合)
  • SMS送信料(SMSを送信した場合)
  • ユニバーサルサービス料 2円/月

初期費用は掛かってしまいますが、これはどこの業者のサービスに加入しても必要な費用ですし、金額はどこでも同じです。

そして、DTI SIMのデータプランとデータSMSプランなら、いつ解約しても違約金は掛かりません。
大手キャリアの2年縛りにすっかり慣らされてしまって、「携帯は2年周期で買い替えるもの」と思い込んでいましたが、DTI SIMのように縛りの無い契約なら安心です。

なお、音声プランの場合のみ、12か月間の最低利用期間が設定されていますが、これも大手キャリアのような「節目の1か月間だけ違約金が掛からない」という窮屈なものではなくて、最低利用期間が経過すればその後はずっと違約金が掛からないという良心的な設定になっています。


「半年タダでお試し!キャンペーン」は3月末で終了

このDTI SIMの「半年タダでお試し!キャンペーン」は昨年12月にスタートし、当初は先着5,000人限定で提供される予定でしたが、1月に5,000人、さらに今回1万人を追加して延長されています。

募集枠の拡大は今回で最後とされていて、募集期間も3月31日までと期限が切られました。

キャンペーンの効果で契約数が増えているようですので、設備の増強などの関係で無制限に契約者を増やし続けることはできないということでしょう。

今回がラストチャンスになりますので、お得なMVNOを探している方は急いで申し込まれるのが良いと思います。


DTI SIMはNTT docomoの端末やSIMフリー端末で利用できる

DTI SIMはNTT docomoのSIMを使ったMVNOですので、NTT docomoで買ったスマートフォンとタブレット、SIMフリーのスマートフォンとタブレットで利用できます。

動画確認済みの端末は下記リンク先の下の方にある「動作確認済み端末の一覧はこちら」のリンクから確認できます。

DTI SIM

DTI SIM


MVNOを試してみたい方におすすめ

MVNO業者はたくさんありますが、たくさんありすぎて単純に料金の比較をするだけでも大変な手間が掛かります。

さらに、回線の品質がどうかとか、サポートがどうかとか、細かなことを調べ始めると、どれが良いのか判断するのはとても難しいです。

大手キャリアでスマートフォンを使おうとすると、月額7,000円くらいは当たり前に取られますので、MVNOに移りたいという方はたくさんいらっしゃると思うのですが、どの業者が良いのかわからずに二の足を踏んでしまう場合も多いと思います。

今回のDTI SIMのキャンペーンは、「MVNOというのはどんなものかちょっと試しに使ってみよう」という用途で非常に使い勝手が良いのではないかと思います。

現在の回線をMNPでDTI SIMに移すのもよし、「お試し」と割り切って新しい回線を半年間を期限に使ってみて判断するのもよし。

注意点が二つあって、一つは先にも書いた「音声プラン」は12か月間未満で解約すると違約金が発生する点、もう一つは「音声プラン」からMNPで他社へ転出する場合の手数料が若干高い(5,000円)点です。
音声プランを利用される場合はこれらに留意したうえで契約しましょう。

データプランとデータSMSプランは、お試し用としては文句の付けようがない好条件です。3,000円(プラス税)だけ用意して、半年間存分に使い倒しましょう。

以上、DTI SIMの「半年タダでお試し!キャンペーン」が3月末で終了するという話でした。

キャンペーンの詳細はこちらのリンクから。
『DTI SIM』半年タダでお試し!キャンペーン!