Windows一覧

【使えそう】Edgeブラウザーのメモ書き機能を実際に使ってみた

Windows 10に搭載されるMicrosoftの新しいブラウザー「Edge」には、パーソナルアシスタントCortanaとの連携機能やページ描画の高速化などの改善の他に、Webページにペンやキーボードでメモを書き加える機能があります。 この機能を実際に使ってみました。少しだけコツがあるようです。

【進化】Windows 10でSnipping Toolが改良されてスクリーンショットを撮るのが簡単になっている件

WindowsにはSnipping Toolというスクリーンショット専用のアプリケーションが同梱されていますが、このSnipping ToolがWindows 10で地味に改良されて便利になっています。 これでほとんどの用途でSnipping Toolさえあれば事足りるようになりました。ありがたや。

【備え】Windows 10をインストールする前に必ずやっておきたいバックアップの手順

Windows 10の正式リリースは7月29日とアナウンスされています。 パーソナルアシスタントのCortanaや最新のEdgeブラウザーなど期待の機能がいくつもあって待ちきれないのですが、アップグレードがうまくいかなかったり、とりあえず無償アップグレード権だけ取っておいてしばらくはWindows 8.1で様子を見たいという場合に備えて、現状の環境をまるっとバックアップしておきましょう。 手順は簡単です。

【OneDrive】突然OneDriveのファイルにアクセスできなくなったときに試すべきこと

OneDriveを便利に使っていますが、あるとき急にOneDrive上のファイルにアクセスできなくなってしまいました。 Explorerには表示されているのに、ファイルを開こうとすると「現在、このファイルを開くことができません」というエラーメッセージが表示されます。 解決までにやったことを紹介します。

【Office 2013】Surfaceであのいまいましい「貼り付けオプション」ボタンを二度と表示させない方法

文書が電子化されたことの最大のメリットの一つは「コピペ」が簡単にできるようになったことです。 先人の知恵や過去の自分の創作をキー操作一つで自在に流用できることで無意味な書写が不要になり、文書作成の効率が劇的にアップしました。コピペ万歳。 しかし、Officeに実装されている「貼り付けオプション」ボタンは快適なコピペ環境を著しく阻害しています。 そんなわけで、Office 2013で「貼り付けオプション」ボタンを二度と表示させないための設定をまとめます。

【感謝】Windows 10のウィンドウ・スナップが地味に痒いところに手が届く進化をしている件

Windows 7で導入されたウィンドウのスナップ機能がWindows 10で地味に進化しています。 特に大画面で作業するときのストレスを軽減し作業効率をアップさせるウィンドウ・スナップ機能ですが、これまでは微妙に使いづらい場面がありました。Windows 10では改善されそうです。 ありがとうWindows 10。

【意外に快適】WindowsやSurfaceを使うならMicrosoftのサービスに染まってしまえば身も心も楽になる

Windowsを使う場合、Microsoftのサービスに乗っからないと不便な場合があります。 例えばスケジューラーのサービス。 Windows 8.1標準のカレンダーアプリではGoogleカレンダーやiCloudの予定を表示も編集もできないのです。信じがたいことですが事実です。 なるべく快適にMicrosoftのサービスに乗っかる方法を考えます。

【実演】EdgeのCortana連携とページへの書き込み・シェア機能の紹介ビデオで新ブラウザーへの期待が高まる

WindowsとSurfaceのシニアマーケティングマネージャーのStephen RoseさんがWindows 10に搭載される新しいブラウザー「Edge」のプレゼンテーションビデオをアップされています。 すでに何度か語られている内容ですが、実際に動くのを見るとまた違った印象があります。

【危険】Surface 3にWindows 10 build 10130を入れるとフリーズする

MicrosoftのGabriel Aulさんのツイートによると、Windows 10のプレビュー版 ビルド10130をSurface 3にインストールしてはいけないとのことです。 危ないです。 Surface 3にBuild 10130をインストールしてはいけない Surface 3に採用されているCherryTrailに関する問題で、そのうち解決するだろうとのことです。 @dotnetgator 10130 is a no-go for Surface 3. We have a bug that is unique to CherryTrail systems in that ...

【朗報】Windows 10の無償アップグレード版は後でクリーンインストールもできることが判明

既存のWindowsユーザー向けにWindows 10の無償アップグレードの予約が始まっています。 私はすでに予約しましたが、「今の環境のアップグレードじゃなくてクリーンインストールはできないの?」とか「調子が悪くなった時に再インストールできないの?」という疑問はありました。 でも大丈夫。MicrosoftのGabriel Aulさんが「クリーンインストールできるよ」とツイートしています。

【危険】Surface 3にはWindows 10のPreview版をインストールしてはいけない

MicrosoftのサポートコミュニティのモデレーターBarb BowmanさんがSurfaceのサポートコミュニティにおいて「まだAtom x5/x7のWindows 10用のドライバーないからSurface 3にはWindows 10のプレビュー版をインストールするな」と言われています。 そして、「そんなこと言われてももう入れちゃったんだけど」という人が現れています。

【安くて快適すぎ】USBサブモニターを強くおすすめしたい

Macは画面内に複数のウィンドウを並べて使うのにあまり適していないので、Mission Controlでデスクトップを複数作ってデスクトップごとにウィンドウを1枚開き、デスクトップを移動しながら作業をするようにしていますが、同時に二つのウィンドウを見られないため不便なことがあります。画面がもう一つあったら便利なのに…。 こういった事情で導入したUSBサブモニターが便利すぎるので思い余って紹介します。

日本国内で誰よりも早くSurface 3を手に入れる方法

MicrosoftのSurface 3が発表されました。 従来のSurface、Surface 2(Proじゃない!)よりも薄く、軽くなって、しかもAtomプロセッサを搭載してWindows 8.1(RTじゃない!)が使えるSurface 3は、タブレットとしてもラップトップとしてもまともに使える便利なデバイスになる可能性を秘めていますが、日本での発売はアナウンスされていません。 この記事では、日本での発売時期が発表されていないMicrosoft Surface 3をアメリカからの個人輸入で手に入れる方法を紹介します。

【Windows10 迫る】Surface RT と Surface 2 RT はさっさと手放すべきか

マイクロソフトの新しいOS、Windows 10が2015年夏にリリースされると報じられています。 Windows Vista、7、8、8.1からは無料でアップグレードできるらしく大変ありがたいことですが、一方でWindows RTとRT 8.1はアップグレードされないということも聞こえています。 この記事では、いま手元にあるWindows RTデバイスをどうするべきかを、Windows RTの特長やマイクロソフトのサポート方針をもとに、用途・満足度別に考えてみます。

スポンサーリンク