NO IMAGE

【レビュー】ポータブル防水Bluetoothスピーカー「Omaker Nature(M4 Plus)」のレビュー

OmakerのBluetoothスピーカー「Omaker Nature(M4 Plus)」を使わせていただく機会がありましたので、そのレビューをお届けします。 前モデルのOmaker M4の防水性能を維持したまま、見た目がブラッシュアップされ、スピーカーとしても使いやすいチューニングが行われたようです。

旧iPad Pro 12.9インチモデルから新10.5インチモデルへの変更で得るものと失うもの

旧iPad Pro 12.9インチモデルから新10.5インチモデルへの変更で得るものと失うもの

iPad Pro 12.9インチモデル(2015年物)を使っています。 まずまず気に入って使っておりますが、外へ持ち出すときの重さと大きさが少し気になる今日このごろ、発売されたばかりの10.5インチモデルはいかがなものかと物色を始めました。 iPad Pro 12.9インチ(旧モデル)からiPad Pro 10.5インチ(新モデル)への変更で得るものと失うもの。

手持ちのディスプレイがRetina相当なのかを計算して買い替えを思いとどまれるか?

手持ちのディスプレイがRetina相当なのかを計算して買い替えを思いとどまれるか?

MacBook Proを買いまして、本体のディスプレイは正真正銘のRetinaディスプレイですが、普段はクラムシェルモードで使っているので関係ありません。 MacBook Proに接続しているディスプレイはDELLのP2415Q。解像度は4K(3840 x 2160)ですが、サイズが23.8インチもあるので、ピクセル密度はMacBook Pro本体のものに劣ります。 果たしてP2415QはRetina相当と言えるのか?

MacBookとMacBook Proのための USB-C / Thunderbolt 3 対応ディスプレイの比較

MacBookとMacBook Proのための USB-C / Thunderbolt 3 対応ディスプレイの比較

最近のMacBook ProにはThunderbolt 3ポートが装備されていて、あらゆる周辺機器はこのポートを介して接続しなければなりません。ディスプレイも例外ではありません。 Thunderbolt 3やUSB Type-Cに対応したディスプレイの中には、接続したコンピューターに電力を供給できる(Power Delivery機能)ものがあり、そうしたディスプレイを使うとコンピューターはディスプレイケーブル1本だけで使えて大変お手軽、かつ、机の上をきれいに保てます。 というわけで、Thunderbolt 3 / USB Type-CのPower Delivery対応ディスプレイをまとめま...

iMacかMacBook Proかで迷ったときに考えること

iMacかMacBook Proかで迷ったときに考えること

まだiMacかMacBook Proかで悩んでいます。 いろいろ考えた末の選択肢は「iMac 27インチ/Core i7-7700K(たぶん)/16GB RAM/512GB SSD」(約32万円)と「MacBook Pro 15インチ (Late 2016)/Core i7-6820HQ/16GB RAM/512GB SSD」(約25万円)。 前者は現在使っているWindowsデスクトップを上回る性能を追求しつつ、5Kディスプレイを既存のディスプレイアームに載っけて使うという夢の構成。 後者は旧モデルとは言え発売後半年しか経っておらず、現在のWindows環境と比べてもそれほど性能が劣ら...

iPad Pro 12.9インチ版とSurface Proはどちらを選ぶべきか

iPad Pro 12.9インチ版とSurface Proはどちらを選ぶべきか

新しいSurface Proが発表されて、すでに発売を待ちきれません。 iPad Pro 12.9インチモデルのオーナーの一人としては、このままiPad Proを使い続けるかSurface Proに乗り換えるかをまじめに考えなくてはなりません。 スペックといろんな部分の使い勝手の比較など。

スポンサーリンク