Windows 10一覧

【Tips】Windows 10の付箋アプリで付箋を削除する時の確認画面を復活させる方法

Windows 10の付箋アプリ。便利です。 付箋アプリで付箋を消そうとすると削除の確認画面が表示されます。 これが毎回表示されるのが面倒な人向けに「今後、このメッセージを表示しない」というオプションが用意されているのですが、この設定をしたあとで気が変わってもう一度確認画面を表示したくなった場合にどうやれば良いかを紹介します。

【画像も貼れる】Windows 10の付箋アプリを仮想デスクトップと組み合わせて活用する方法

付箋って便利ですね。 やらなきゃいけないことをちょっとメモしておきたいときに大活躍しますが、紙の付箋はラップトップのベゼルなんかに貼っておくと剥がれてどこかへ飛んで行ってしまうので、なるべく電子化しておきたいところです。 Windowsには付箋アプリが同梱されていて無料で使うことができます。 何かと便利な付箋アプリの使い方と、仮想デスクトップと組み合わせて使い勝手を上げる方法を紹介します。

【危険】Windows Updateで更新プログラムがインストールされたあと勝手に再起動されるのが迷惑なので何とかしたい

Windowsを使っていると結構な頻度でシステムのアップデートが行われます。 大半は放っておけばWindowsがよきに計らってくれるのですが、稀にあるWindowsの再起動を伴うアップデートの場合、放っておくと勝手にWindowsが再起動されて、予期せぬ惨事を招きます。 Windows UpdateでWindowsが勝手に再起動するのをなるべく避ける方法。

【Windows】PCがハングアップしたように見えるときにはこの順番で操作すると良いです

Surface Pro 3とSurface 3を愛用しています。近頃はProの出番はほとんどありませんが。 どちらもWindows 10にアップグレードして使っているのですが、やはりまだ出来立てのOSとその同梱ソフトということで、不意にハングアップして身動き取れなくなることがあります。 この記事ではWindows PCがハングアップしたように見えるときに試すべきことを順番に説明しています。

【1か月経過】Windows 8.1とくらべてWindows 10の良いところ・良くないところ

Windows 10が正式リリースされて1か月が経ちました。 この間ずっとWindows 10を使ってきて「まあこのまま使い続けてもいいかな」という結論に至りました。Windows 10、悪くないです。 Windows 10を便利に使うための工夫を過去の記事を振り返りながら紹介します。 8月はWindows 10を使いこなすための闘争の1か月だった模様。

【改善希望】Windows 10のバッテリー節約設定の手順と少し足りてないところ

Windows 8.1からWindows 10に乗り換えて約1か月が経ちますが、我がSurface 3のバッテリーの持続時間が心なしか短くなったような気がします。 ちゃんと測ったわけではないのですが、同じ時間作業した後のバッテリー残量がWindows 8.1の頃に比べて少なくなったように思うのです。 しかたないのでWindows 10のバッテリー節約設定をまじめに使ってみます。

【ベータ版】Microsoftの新しいスクリーンショット・ツール「Snip」の紹介

Microsoftのスクリーンショット・ツールへの取り組みには何か執念のようなものを感じます。 Windowsに同梱されているSnipping Toolはたいへん便利なツールですが、ここへきて更に毛色の違うツールを開発しているようです。 Microsoftの新しいスクリーンショット・ツール「Snip」のベータ版を紹介します。

【激減】Windows 10のアンインストール期間が終わったので不要になったファイルをごっそり削除してHDDを軽くする

Surface 3をWindows 8.1からWindows 10にアップグレードして1か月が経ちました。 先日記事にしたとおり(下にリンクあり)、アップグレードしたPCは1か月以内なら簡単にWindows 10をアンインストールしてWindows 8.1に戻すことができたのですが、私のSurfaceはその期間を過ぎたので、この機能は使えなくなりました。 そのため、アップグレードのときに自動的にディスクに保管されたWindows 8.1復元用のファイルは用済みなので、まとめて削除してしまいます。

【おま国?】Windows 10でOneDriveにアップロードした曲がGrooveミュージックに表示されないのはなぜだろう

Windows 10で刷新された純正アプリの一つに音楽再生アプリがあります。 従来からのWindows Media Playerもいちおう残ってはいるものの、Windows 10のMicrosoft純正音楽再生アプリとしては「Groove ミュージック」が筆頭の扱いになっています。 Groove ミュージックは既存の「Xbox ミュージック」の機能強化版ですが、その目玉のひとつはOneDriveに格納した音楽ファイルをストリーミング再生できるというものです。 iTunesは動作が重いからGroove ミュージックを使ってみようと思ったけど、どうもうまくいきません。

【WebDAV】OneDriveに巨大なフォルダーをアップロードしたいときにやったこと

SurfaceについてきたOffice 365のおかげてOneDriveに1TBもの容量をゲットしてオンラインストレージ長者になりましたが、この容量を活用するのは一筋縄ではいかないという話と、どうやって使っているかの紹介です。 WebDAVが便利なような気がする。

【期限迫る】Windows 8.1からアップグレードしたWindows 10を簡単にアンインストールできるのは1か月以内です

Windows 8.1からWindows 10にアップグレードした場合、設定画面から操作することで簡単にWindows 8.1に戻すことができるのですが、それができるのはアップグレードから1か月間だけです。 Windows 10がリリースされてそろそろ1か月。リリース直後にアップグレードしている場合は決断の時かもしれません。

【効率化】Windows 10の仮想デスクトップ(バーチャルデスクトップ)でマルチウィンドウ環境の作業がものすごく捗るという話

Windows 10では仮想デスクトップ(バーチャルデスクトップ)がOSの機能として実現されています。やっときたか。 ウィンドウをたくさん開いて作業するときに絶大な効果を発揮する仮想デスクトップ機能と、Windows 10でのおすすめ設定を紹介します。

【潮時】VAIOのWindows 10対応に時間が掛かるのを知ってそろそろソフト大量バンドルはやめた方がいいと思った件

TechRadarでSonyがVAIOユーザーに向けて「まだWindows 10へのアップグレードはしないで」と呼びかけているという話題が取り上げられています。 日本のVAIOのサポートサイトでも同様の告知が出ています。 独自ソフトてんこ盛りが仇になっている模様。

【Windows 10】ピクチャ パスワードを使うとWindowsへのサインインが楽ちんになるので設定してみる

Windows 10では生体認証を用いたサインイン方法であるWindows Helloが搭載され、一部のデバイスではパスワードを入力せずにサインインできるようになっていますが、対応するカメラを搭載したデバイスの普及はこれからです。 Windows Helloに対応していないデバイスでも、マウスやペンやタッチパネルで図形の組み合わせを描くことでサインインできるピクチャ パスワードという機能があります。 Windows 10でピクチャ パスワードを設定してサインインする手順を紹介します。

【要注意→解決済み】Windows 10のEdgeブラウザーに保存したパスワードは表示もコピペもできないようなので気を付けよう

Windows 10同梱の最新ブラウザー「Edge」にはウェブサイトのIDとパスワードを記憶しておいて次回そのサイトを訪れた時に自動的にID、パスワードを入力してくれる機能があります。 この機能を使ってEdgeに覚えさせたパスワードはあとで表示することができないようなので注意しましょう。 (追記) すみません。パスワード表示できます。手順はこちらの記事でご確認ください。 【Tips】Windowsに覚えさせたパスワードを確認する方法(資格情報マネージャーの使い方)

【Tips】Windows 10で通知領域のアイコンをすべて表示させる手順はこれまでと違っています

Windowsの通知領域のアイコンは役に立たないようでいて地味に役立っています。 たとえばUSBメモリーやメモリーカードを安全に取り外すときには通知領域のアイコンから行うのが一般的な操作ですし、Bluetoothデバイスの追加や削除も通知領域のアイコンから行うのが一番手数が少なくて済みます。 そのほかにも個別のソフトウェアの状況を一目で確認できるなどいろいろ良い点があるのでアイコンはなるべく表示させておきたいのですが、デフォルトでは一部のアイコンしか表示されていません。 Windows 10ではこの通知領域のアイコンを全て表示させるための手順が従来と少し違っているので、手順を紹介します。...

【歓喜】Windows 10のカレンダーアプリでGoogleカレンダーやiCloudの予定を管理できるようになってうれしいので設定してみる

Windows 10では標準のカレンダーアプリが大改善されていて、とうとうGoogleカレンダーやiCloudの予定を同期できるようになりました。よくやった! これでWindowsとMacを併用する人(わたしです)もそれぞれの環境で苦労なくスケジュール管理できるようになりました。 Windows標準のカレンダーアプリのセットアップについて紹介します。

【惜しい】Windows 10とマルチタッチのタッチパッドを使って軽快にウィンドウを切り替える方法

Windows 10とSurfaceの組み合わせでMacのMission Controlのようにサクサクとアプリを切り替えられれば便利だろうなと思って試してみました。 Surfaceだけでなくマルチタッチに対応したタッチパッドを持つ機種では同じことができるはずです。 感想は「惜しい…」

【Windows 10】Surfaceでスタートメニューのタイルのレイアウトを変更する方法が盲点だった

Surfaceで正式版のWindows 10を使い始めて1週間が経ちました。 細かい設定をちまちま調整しながら使いやすい環境を作ろうとしていますが、スタートメニューに表示されるタイルのサイズを調整しようとして「はて?」と困ったことがありました。 ペン操作の意外な盲点。

【Windows 10】タスクバーの検索ボックスは非表示にしてもちっとも困らない(ただしCortanaが来るまでの間に限る)

Windows 10のタスクバーには検索ボックスが設置されていて、ここに検索キーワードを入れるとアプリケーションやファイルやウェブサイトを検索してくれるので便利なのですが、ちょっとサイズが大きすぎる。 下の記事でこの検索ボックスをアイコン化したり非表示にする方法を紹介しました。 それで、非表示にしたら検索機能は使えないのかと思ったら、そんなことありませんでした。 操作の手数も検索ボックスがあるときと全く変わりません。 当分の間、検索ボックスは非表示が断然おすすめです。

【すっきり】Windows 10をタッチパネルのPCで使っているとたびたび表示されるタッチキーボードを表示させなくする方法

SurfaceにWindows 10をインストールして使っていますが、文字入力できる領域にカーソルを合わせるたびに画面の下にタッチキーボードが表示されてものすごくストレスです。 キーボードを接続しているときにはこんなもの必要ないのに何考えてんだと怒りを覚えるほどです。 そこで、簡単な設定でタッチキーボードを表示させなくする方法を紹介します。

スポンサーリンク