インターネット/Webサービス一覧

【悲報?】Apple MusicではAdeleやArctic Monkeysの曲が聞けないかもしれない件

The Telegraphによると、イギリスの音楽産業のロビー団体である「UK Music」の会長は、イギリスのインディーレーベルはApple Musicでの音楽配信に合意しない可能性があると述べているそうです。 対象となるレーベルにはAdeleやArctic Monkeysなどのビッグネームが属するものもあるとか。 なぜなのか。

【真価】Apple Musicがやって来ればみんながAirPlayの便利さに気づくはず

AppleのAirPlayという技術があります。 デバイスで再生した音声や動画をネットワーク上のAirPlay対応機器にストリーミングできるというもので、Apple TVを始めとする多くの機器がサポートしています。 これまでもそれなりに便利な機能だったのですが、Apple Musicがやって来ればWindowsユーザーも含めてめちゃくちゃ便利になるはず。 ということで、Apple MusicとAirPlayでどういうことができるようになりそうか考えます。

【黒船】Apple Musicの破壊力。日本でのサービスは期待大。

米国時間6月8日に行われたWWDC 2015でついにApple Musicが発表されました。 アメリカでの料金は一人なら月額9.99ドル。家族ならまとめて14.99ドル。6月30日サービスインで、最初の3ヶ月間は無料です。 iPhone、iPad、iPod Touch、Apple Watch、iTunes(Mac、Windows)で利用可能。Apple TVとAndroidは今年の秋に対応予定。 いきなりすごいのが来た。

【ダジャレか】5月4日はスター・ウォーズの日なのでそろそろ新作へ向けてアップを始める

今年はスター・ウォーズ・イヤー。 12月にはシリーズ7作目となる『スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒』の公開が予定されており、年初には思わせぶりなティザー映像が、そして4月にはあの重要人物も登場する予告編が公開されました。 「We are home.」 これは熱い。

【Evernote】年額2,000円の新プラン「プラス」を追加. 既存の「プレミアム」も改善

Evernoteが従来の「ベーシック」と「プレミアム」の間を埋める新プラン「プラス」を追加しました。 また、従来1GBだった「プレミアム」の月間アップロード容量の制限をなくし、1ノートあたりの最大容量も拡大されました。 「プラス」は月額240円または年額2,000円。「プレミアム」はお値段据え置きの月額450円または年額4,000円です。

【賃貸派歓喜】LR賃貸の駅・エリア別家賃相場表示がものすごく便利

賃貸住宅検索サイトのLR賃貸では路線と間取り等の条件を指定すると駅ごと家賃相場を確認できます。地域ごとの相場もわかります。 これはものすごく便利。とくに路線の駅ごとの相場表示は部屋さがしの効率が劇的にアップしそうな便利さです。

【噂】Appleが音楽配信サービス「Tidal」にいじわるしているという噂があるらしい

Tidalという音楽配信サービスがあります。月額19.9ドルでCDクォリティの音楽を聴き放題というサービスです。 サービス開始当初に私も使ってみたのですが、うまく繋がっているときは高音質なのですが、ときどき配信が途切れることがあっていまいち安定していなかった印象があります。いまは改善しているかもしれません。 さて、AppleがTidalのiOSアプリの承認をわざと遅らせて、6月に再スタートする自社の音楽配信サービスBeats Musicの援護射撃をしているらしいという噂が出ています。そんなアホな。

(更新)【至急】無料で大学レベルの講義を受けられるgaccoで受講登録するとEvernoteプレミアムまで無料になる

大学レベルの講義を無料で受けることができるウェブサービスgacco(ガッコ)にユーザー登録して『《gacco特別企画》Evernoteで広がるgaccoの学びスタイル』という講座の受講登録をすると、Evernoteプレミアムが3ヶ月無料になるクーポンコードをもらえるキャンペーンが行われています。ユーザー登録も受講登録も無料です。 (追記) 私は講座の受講登録・受講・アンケートへの回答を同じ日に行いましたが、その4日後にクーポンコードが到着しました。サイトに書かれているよりもずっと早かったです。ありがたや。 クーポンコードをもらうための受講登録の期限は4月30日です。まだの方はお急ぎを。

【安さは正義】EvernoteじゃなくてOneNoteならタダだった

Evernoteの無料サービスは1ヶ月のアップロード容量に制限があります。 一方、マイクロソフトのOneNoteなら無料でアップロード容量の制限なく使えます。 この記事では、主にテキストや画像を用いたメモを作る場合に、マイクロソフトのOneNoteがEvernoteの代わりになりそうかを検証します。

スポンサーリンク